ブログ

炭素の森とは、
古民家などに使われている木材=古材(kozai)などを

廃棄物として処理するのでは無く

そのままの形で使うことで二酸化炭素の排出を抑え

地球環境を守っていきます。

古民家などを解体して排出される木材=古材を廃棄物として処理するのではなく、

そのままの形で建物や家具などに使う事により、二酸化炭素の排出を抑え、

地球温暖化を抑制する、カーボンニュートラルより一歩進んだ考え方です。

この考え方を「民家の甲子園」「古民家鑑定士講習」などを通して

地域に拡大して行きたいと思います。

「炭素の森育成プロジェクト」栃木県でも参加し一緒に活動しませんか!

詳しくはこちら「炭素の森育成プロジェクト」

 http://www.kominkapro.org/tanso

〒325-0021    栃木県那須塩原市安藤町40-430  
一般社団法人 栃木県古民家再生協会  

古民家鑑定士インストラクター/古民家鑑定士

 伝統資財施工士/古材活用士/古材鑑定士  
代表理事 鈴木 健規   
TEL:0287(73)4004 / FAX:0287(60)7275

日本の住宅の平均耐久年数は

現在25年から35年程度と言われています

対して欧米ではアメリカで50年

ヨーロッパでは平均70年だそうです

日本の住宅はどうしてこんなに耐久年数が短くなったのでしょうか?

木造だから。法隆寺は築約1300年

ライフスタイルの変化で欧米化してきたから

昔の住宅では不便になってきたから

古民家や昔の住宅は在来工法と

呼ばれる柱と梁で組み立てられる軸組み工法

これは間取りの変更が自由に行いやすい

可変性の高い建て方なのです

また木材は他の建築素材に比べて加工性に優れ

再利用も行いやすい自然素材

温かみがあり癒しの効果も高く

日本人のDNAに深く刻まれている大好きな素材です

壊して建て替える時代は終わりました

地球環境のことを考えれば

これからは何世代にも渡ってリノベーションを

繰り返しながら長く住まうことがカッコいい時代です

不便なところは直しながら

でもしっかりとした耐久性のある骨組みは何回も使っていく

そんな住まい方が懐かしくて新しい、今のライフスタイルです

〒325-0021    栃木県那須塩原市安藤町40-430  
一般社団法人 栃木県古民家再生協会  
   

古民家鑑定士インストラクター/伝統資財施工士インストラクター
古民家鑑定士/
伝統資財施工士
古材活用士/古材鑑定士  
代表理事 鈴木 健規   
TEL:0287(73)4004 / FAX:0287(60)7275   

一般社団法人 栃木県古民家再生協会は

3Rの取組みに力を入れています

3Rに取り組む事が重要だと考えています
3Rとは、
Reduce  ・・・発生抑制(買う量や使う量を減らすこと)
Reuse   ・・・再使用 (使えるものは繰り返し使うこと)
Recycle  ・・・再利用 (再び資源として生かすこと)
の3つの頭文字に由来します。

2000年に制定された「循環型社会形成推進基本法」では、

この3Rの優先順位は
リデュース、リユース、リサイクルとしています。

私たちは、古材・古民家の「リユース」と、

出来るだけ民家を解体しない「リデュース」に積極的に取り組んでいます。

もし全ての新築住宅(年間50万棟として)で使用木材の15%が古材で賄われた場合、

1年間で121kgのCO2削減になります。

これは、ブナの木に換算しますとなんと500万本以上です。

地球環境・CO2削減・未来の子供達のためにも

「循環型建築社会の構築」勧めたいとおもいます。

〒325-0021    栃木県那須塩原市安藤町40-430  
一般社団法人 栃木県古民家再生協会  
  

古民家鑑定士インストラクター/伝統資財施工士インストラクター
古民家鑑定士/
伝統資財施工士
古材活用士/古材鑑定士  
代表理事 鈴木 健規   
TEL:0287(73)4004 / FAX:0287(60)7275  

栃木県古民家再生協会の薄井菜摘です。

本日は10月24日(日)に行われた巻狩り祭りでのことをお伝え致します。

巻狩り祭りは平成6年から始り、今年で16年目となるお祭りです。

栃木県北では有名なお祭りともあり、当日は沢山の方が来ていました。

各ブースでは、組合で食べ物を出したり、ミニ居酒屋を開いたり、と

それぞれが試行錯誤しながら宣伝を行っておりました。

栃木県古民家再生協会は今回が初参加。

もうブースがいっぱいです、と言われてしまったのですが、

商工会の方からお電話を頂き、出場する事が出来ました。

栃木県古民家再生協会では、民家の甲子園のパネル展を行いました。

来年の出場を目指し、まだまだ認知度の低い民家の甲子園のPRや

参加してもらう高校生などへの声かけをさせて頂きました。

「民家の甲子園」ということを聞いたことのない方が全員。

しかし、高校生が撮った写真ですよ、と言うと

多くの方が興味を持ってパネルを見て行って下さいました。

今回の巻狩り祭りは認知度の少しにしかなりませんが、

その少しから徐々に徐々に広がって行けばいいなと思います。

お祭り、というだけあり、神輿が出たり踊ったり。

これから先、何十年もこの「巻狩り祭り」が続いて行けばいいですね。

栃木県古民家再生協会のブースに来て頂いた皆様、

お話を聞いて下さった皆様、ありがとうございました。

++++++++++++++++++++++++

〒325-0021
栃木県那須塩原市安藤町40-430
一般社団法人栃木県古民家再生協会
古民家鑑定士/伝統資財施工士
古民家鑑定士インストラクター
伝統資財施工士インストラクター
担当 薄井 菜摘
TEL : 0287(73)4004

Usui_723をフォローしましょう

++++++++++++++++++++++++

那須塩原市で巻狩りまつり出店

平成22年10月24日(日曜日)に

一般社団法人 栃木県古民家再生協会が出店致します

循環型建築社会(グリーン建築)の運動を下記にて紹介させて頂きます。

場所;栃木県那須塩原市黒磯365-1(那珂川河畔公園内)

①  「民家の甲子園」のパネル展

②  古民家鑑定士による古民家の無料相談会

③  グリーン建築紹介パネル展

④    古材の展示

  循環型建築社会(グリーン建築)とは

 

CO2の1990年比25%削減など

地球環境に考慮した資源循環型社会の具体化が、

本経済において大きな課題となる中、

建設業界においても政府は、200年住宅(長期優良住宅)の

普及を提唱しています。

そして25~30年とも言われる日本の住宅寿命を延ばすことで、

地球環境に貢献するとともに、豊かな社会を構築しようとしています。

グリーン建築社会の定義は

1、 新しく建築をするにあたり、全てを捨てることなく

生かせる資材(伝統資財)を活用する

2、新しい建築をするにあたり、

将来再利用できる資材(伝統資財)を使用する

3、使える建物に関しては、出来るだけ長期間使用できる

提案を行うとなります

※  伝統資財とは、築60年以上の古民家から取り出される、

今後も使用可能な「古材」「古瓦」「土」など再生可能な建築資材。

お時間がある方は、来て下さい

〒325-0021    栃木県那須塩原市安藤町40-430  
一般社団法人 栃木県古民家再生協会  
 

古民家鑑定士インストラクター/伝統資財施工士インストラクター
古民家鑑定士/
伝統資財施工士
古材活用士/古材鑑定士  
代表理事 鈴木 健規   
TEL:0287(73)4004 / FAX:0287(60)7275 

今話題の、循環型建築社会「グリーン建築」のセミナーが

明日、栃木県で開催されます。

   講師;井上幸一氏

      一般社団法人200年住宅再生ネットワーク機構 理事長

      「古材―環境時代の選択」 東洋書店刊 井上 幸一 著
グリーン建築(循環型建築社会)その定義は

1、新しく建築をするにあたり、全てを捨てることなく生かせる資材(伝統資財)を活用する

2、新しい建築をするにあたり、将来再利用できる資材を使用する
3、使える建物に関しては、出来るだけ長期間使用できる提案を行う

「古民家」に眠る「古材(伝統資財)」は価値が高く

ヴィンテージ資財として化粧材として活用されています。

 グリーン建築とは環境の時代に当たり前の

建築手法と言えるのかもしれません。

今までのものは捨てて、新しいものを作るのは、

戦後の日本の悪しき文化だと思います

今、変えなくてはいけません

栃木県民の方々に認知して頂きたいと思います

明日のセミナーが楽しみです

〒325-0021    栃木県那須塩原市安藤町40-430  
一般社団法人 栃木県古民家再生協会  

古民家鑑定士インストラクター/伝統資財施工士インストラクター
古民家鑑定士/
伝統資財施工士
古材活用士/古材鑑定士  
代表理事 鈴木 健規   
TEL:0287(73)4004 / FAX:0287(60)7275

栃木県古民家再生協会の薄井菜摘です。

10月17日(日)に第8回古民家鑑定士認定試験を開催致しました。

インストラクターが講師として講習会を開くのは栃木県では2回目。

今回も授業の内容を私が、補足説明や古民家のあり方、

環境問題への取り組みなどを鈴木理事長がお話させて頂きました。

栃木よみうりのTOP記事に載せて頂いた効果もあり、

今回は栃木県で18名の方が受講されました。

今回より教本も新しくなり、教本の厚さはもちろんですが、

中身も濃く、範囲も広くなったので、皆様大変だったのではないかと思います。

合格率も6割と低くなりました。

受講された18名の皆様も真剣にお話を聞いて頂き、

先生として教壇へ立たせて頂いた私も嬉しく思いました。

16時からの試験では、私もドキドキ。

全員合格して頂けるように祈っています。

1ヶ月以内には合格発表がありますので

合格発表までドキドキしながらお待ち下さいね。

古民家鑑定士を取得された方は栃木県古民家再生協会がサポートさせて頂きます。

ご不明な点などはお気軽にお問い合わせ下さい。

++++++++++++++++++++++++

〒325-0021
栃木県那須塩原市安藤町40-430
一般社団法人栃木県古民家再生協会
古民家鑑定士/伝統資財施工士
担当 薄井 菜摘
TEL : 0287(73)4004

Usui_723をフォローしましょう

++++++++++++++++++++++++

地球温暖化は、大気中にCO2やメタン、フロンガスなどのいわゆる

温室効果ガスが増加しることによって起きると考えられています。

中でも石炭やせ石油などの化石燃料を燃やした際にでるCO2の影響が大きいです

産業革命以来の工業化のエネルギーには最もが2001年に取りまとめた第3次評価報告によると、

化石燃料が使われていたため

大気中のCO2濃度は、18世紀半ばと比較して現代は約30倍!!

に増えていると言われています。また、ここ100年間で地球の人口は約4倍に増え

そのためにエネルギーの消費量が飛躍的に増加したことも

温室効果ガスの排出を増大いしました

20世紀における温暖化の程度は過去1000年のいかなる世紀と比べても

最も著しかった可能性が高いとされています

気候変動に関する政府間パネルが2001年に取りまとめた第3次評価報告によると、

地球平均地上気温は20世紀中に約0.6℃上昇し、それに伴い平均海面水位が10~20㎝上昇

しました。同報告ではまた、過去50年間に観測された温暖化の大部分が人間活動に起因し

てるといいます。強力な証拠が得られたと指摘しています。

また、同報告では、世界全体の経済成長や人口、技術開発、経済、エネルギー構造等の

動向について一定の前提条件を設けた複数のシナリオに基づく将来予測を行っています

それによると1990年~2100年までの地球平均地上気温の上昇幅は

1.4~5.8℃と予測され、北半球高緯度のほとんどの陸地は、とくに寒候期において

全球平均よりも急速に温暖化する可能性がかなり高く、こうような気温上昇は

過去1万年間に観測されたことがないほどの大きさである可能性が非常に高いのです。

今年も、例年に比べて猛暑がつづきました。今、生きている私たちには100年後は

生きていませんから、100年後どうなっているかは分かりませんが

言えるのは、このまま温暖化続いたら地球が大変なこと

未来の子どもたちに申し訳ないですよね

一人一人が出来ることがあります。ゴミの分別、ハイブリット車、電気自動車

オール電化、住宅を産業廃棄物にしないために、古材のリユースなどなど

一人一人の小さな努力が地球環境のためになると思います

〒325-0021    栃木県那須塩原市安藤町40-430  
一般社団法人 栃木県古民家再生協会 

古民家鑑定士インストラクター/古民家鑑定士

 伝統資財施工士インストラクター/伝統資財施工士

古材活用士/古材鑑定士  
代表理事 鈴木 健規   
TEL:0287(73)4004 / FAX:0287(60)7275

明日10月17日(日)は、第8回 古民家鑑定士認定講習・認定試験が

宇都宮市駒生1丁目1番6号 (コンセーレ宇都宮)で開催されます

厚生労働省認可財団法人職業技能振興会(東京都港区 兵頭宣昭理事長)

認定主催、「全国一斉古民家鑑定士講習並びに資格試験」を

当法人、一般社団法人 栃木県古民家再生協会が

インストラクター認定を受け、委託運営をさせて頂いております。

当日スケジュール 講習 13時~16時/試験 16時~16時45分になります

 

インストラクターの薄井菜摘は日本初の女性インストラクターとして

業界でも注目を集めています。

当会場内では、民家の甲子園の優秀校の展示も行っております。

厚生労働省認可職業技能振興会(東京都 兵頭宣昭理事長)の

認定する公的資格で、現在全国で1400名を超える有資格者が

「古民家を査定し、活かしていく」ことを目的に活動しており、

栃木県内でも15名の方が認定されています。

これまで古民家は固定資産税の観点から評価されており、

ほぼゼロ査定であったのが現状でした。

古民家の良さを、建築的見地と文化的見地から見直し、

評価して残す運動をスタートしております。

今後、多くの方に「古民家鑑定士」の活動を認識頂き、

環境面だけでなく、文化面でも「古民家」を

後世に引き継ぐ事業に力を入れて参ります。

当法人では、多くの方に古民家へ興味を持ってもらうことを

目的として、力を入れています。

次回の古民家鑑定士の講習・試験は平成23年1月22日(土曜日)なります

お問い合わせは 、下記までご連絡下さい

〒325-0021    栃木県那須塩原市安藤町40-430  
一般社団法人 栃木県古民家再生協会 

古民家鑑定士インストラクター/古民家鑑定士

 伝統資財施工士インストラクター/伝統資財施工士

古材活用士/古材鑑定士  
代表理事 鈴木 健規   
TEL:0287(73)4004 / FAX:0287(60)7275

一般社団法人栃木県古民家再生協会では、「Challenge -25%」の理念に基づいて、

地球温暖化防止への取り組みを行っています

昔は使える物は再利用するのが当たり前でした

着物はハギレとして再利用したり、飲料のビンも再利用していたようです

では、民家を解体した際に取り出される木材はどうなっていると思いますか?

実はほとんどが処分されているのです

現在は「建設リサイクル法」によって木材の再資源化を義務づけられました。

 しかし解体木材の大半は再使用されることなく処分されているのが現状です。

 一部はチップ化され紙の原料などとしてリサイクルされておりますが、

残りは 焼却・埋め立て処分されています

当協会ではこの現状に疑問を持ち、古材の良さや活用事例を紹介 しております

大量廃棄社会から循環型社会への転換が求められる中

「3R」に取り組む事が重要です

3Rとは

Reduce(リデュース)-発生抑制(買う量や使う量を減らすこと)

Reuse(リユース)-再使用(使えるものは繰り返し使うこと)

Recycle(リサイクル)-(再び資源として生かすこと)

の3つの頭文字に由来します

2000年に制定された「循環型社会形成推進基本法」では

この3Rの優先順位を リデュース、リユース、リサイクルとしています

当協会の目指すのは、古材の「リユース」です

一人、一人方の、意識で地球環境は変わると信じています
〒325-0021    栃木県那須塩原市安藤町40-430  
一般社団法人 栃木県古民家再生協会  

古民家鑑定士インストラクター/古民家鑑定士

 伝統資財施工士/古材活用士/古材鑑定士  
代表理事 鈴木 健規   
TEL:0287(73)4004 / FAX:0287(60)7275