ブログ

環境活動

一般社団法人栃木県古民家再生協会では、

「Challenge -25%」の理念に基づいて、地球温暖化防止への取り組みを行っています

昔は使える物は再利用するのが当たり前でした

着物はハギレとして再利用したり、飲料のビンも再利用していたようです

では、民家を解体した際に取り出される木材はどうなっていると思いますか?

実はほとんどが処分されているのです

現在は「建設リサイクル法」によって木材の再資源化を義務づけられました。

しかし解体木材の大半は再使用されることなく処分されているのが現状です。

 一部はチップ化され紙の原料などとしてリサイクルされておりますが、

残りは 焼却・埋め立て処分されています

当協会ではこの現状に疑問を持ち、古材の良さや活用事例を紹介 しております

大量廃棄社会から循環型社会への転換が求められる中

「3R」に取り組む事が重要です

3Rとは

Reduce(リデュース)-発生抑制(買う量や使う量を減らすこと)

Reuse(リユース)-再使用(使えるものは繰り返し使うこと)

Recycle(リサイクル)-(再び資源として生かすこと)

の3つの頭文字に由来します

2000年に制定された「循環型社会形成推進基本法」では

この3Rの優先順位を リデュース、リユース、リサイクルとしています

当協会の目指すのは、古材の「リユース」です

一人、一人方の、意識で地球環境は変わると信じています

コメントする