ブログ

絶滅危惧種 ~ホッキョクグマ~

栃木県古民家再生協会の薄井菜摘です。
本日も絶滅危惧種よりホッキョクグマについて。

ホッキョクグマは北極などの氷に覆われた海に住んでいます。
大好物はアザラシ。
北極にはホッキョクグマに勝てる動物はいないと言われているそう。

ホッキョクグマが何故、絶滅危惧種かと言うと、
原因は地球温暖化。
ホッキョクグマは、この地球温暖化にとても苦しめられているのです。
地球の温度が上がると、ホッキョクグマが暮らす海の氷がとけてしまうのだ。

ホッキョクグマは氷の上から海にすむアザラシなどをつかまえて食べています。
海があまり凍らなくなってしまった今、
ホッキョクグマたちは十分なエサがとれずに数が減り始めているのです。
地球温暖化を止めるのは簡単ではないけれど、
まずは、私達がゴミを減らしたり、
電気のムダ使いをしないことが大切ですね。

++++++++++++++++++++++++

〒325-0021
栃木県那須塩原市安藤町40-430
一般社団法人栃木県古民家再生協会
古民家鑑定士/伝統資財施工士
古民家鑑定士インストラクター
担当 薄井 菜摘
TEL : 0287(73)4004

Usui_723をフォローしましょう

++++++++++++++++++++++++

コメントする