ブログ

9月7日(土)に開催した「まちづくり市民講座」についてご報告致します。

1:栃木県で自慢できること

いちご、U字工事、日光東照宮、牛乳、微妙な訛り、レモン牛乳、餃子、しもつかれ、日本酒、

益子焼、御用邸、湯葉、大谷石、和紙、足尾銅山、自動車メーカー、和牛、米、かんぴょう など

2:栃木県の良い所

温泉がある、言葉が優しい、日照率が高い、日帰り旅行に便利、災害少ない、人柄が温厚、道が広い、

程よい田舎、災害が少ない、夏の夜涼しい、自然が多い、新幹線ですぐ東京に行ける、

真面目、住みやすい、津波が来ない など

3:栃木県の悪い所

塩分摂りすぎ(しょっぱいものが好き)、お祭やイベントが少ない、PRが下手、運転マナーが悪い、

看板となるプロスポーツがいまいち、海がない、日帰り旅行で終わってしまう、東京までの距離が中途半端、

安いものがすき、妬みがある、知名度が低い、空港がない、内向的、電車移動しにくい、責任転嫁する、

他の真似が好き、慎重過ぎる、駅前が寂しい、栃木県という漢字が分かりづらい など

4:栃木県がこうなったらいいな

子供が多い街、安心安全、誰もが一度は訪れたいと思う県、主体性、団結力、開放的、

ご当地ヒーローがいる、自然との共有、自らの発信、交通の便、人との交流、教育施設の充実、

市民サークルの発展、高齢者に優しい、人が集まる場、伝統と大切にする

----------------------------

上記が今回の市民講座にて出た意見や考えた内容になります。

考えて終わり、ではなく、今回考えた内容を実行するためにはどうしたらいいのか

どう行動したらいいのかを次回話して行ければと思います。

昨日は『まちづくり市民講座 栃木県をみんなで考えよう!』が開催されました。

お忙しい中沢山の方にお越しいただけたこと、

そして何よりもお越しいただいた皆様が

『栃木県を変えたい!変えよう!』と思っていることに心から嬉しくなりました。

第二部からはA,B,Cのチームに別れたワークショップ。

まずは「今日呼ばれたい名前」を首から下げて頂き自己紹介を行いました。

それからはアイスブレイク。

リラックスして頂き、各チームからは笑い声が聞こえます。

そして

1:栃木県で自慢できるもの

2:栃木県のいいところ

3:栃木県の悪いところ

4:どんな県にしたいか

というテーマをもとにチームごとに話し合って頂き

各チームごとに発表していただきました。

皆さん栃木県を考える、というテーマのもと沢山の意見が出て、

開催した私達も気付かされ、とても勉強になりました。

今回の内容については後日、HP上で内容をご報告いたします。

しばらくおまちください。

参加して頂いた皆様には心より感謝申し上げます。

考えたあとは「行動」しなければなりません。

頑張りましょう!