ブログ

栃木県内の古民家(築50年以上)の物件を探しています。

古民家を売却したい。
仲介で販売して貰いたい。
いくらで売却するのがいいのか相談したい。
しかし、不動産会社に相談したら『解体して土地の販売』を勧められる。

『耐震や雨漏りなどの瑕疵があるかもしれないので売れませんね』
『安い金額でしか売れませんよ』と言われ困っている方は
当社にお任せ下さい。

古民家には素晴らしい価値があります!
古いだけの民家ならそれほど魅力を感じませんが、
良材を使った建物を見ると感動すら覚えます。

『郷愁を呼び起こす』『匠の技』『伝統的な古民家は日本人としての自覚を覚ます』
きっといろんな理由があるでしょうね。
古民家物件を売りたい方、
どうぞお気軽にお問い合わせください。

古民家とは

「古民家」って何?

古民家の明確な定義はありませんが、国の文化財登録制度では、
築後50年を経過したものが対象とされています。

このことから、半世紀以上前の民家は、
「古民家」と呼べる時間的条件を備えていると考えられます。

古民家の種類

農村民家・町民民家・武家民家・庄屋屋敷など、いろいろなタイプの古民家があり、
それぞれ昔の生活習慣を感じることができる味わい深い良い民家が
全国にまだまだたくさん残っています。

屋根

茅葺き、茅葺きの上にトタンをかぶせているもの。
元々かやぶき屋根を瓦葺にのせかえたもの。
瓦葺、瓦棒葺、トタン葺など様々です。

魅力

なんといっても、木の命の凄さです。
大黒柱に使われる、ヒノキ、ケヤキ、クリなどの木材の強度は
通常200~300年ほとんど変わりません。

特に太い梁が入り組まれた吹き抜け天井は古民家の醍醐味です。
かまどや囲炉裏の煙で燻され独特の色あいを持ち、
虫も寄せ付けない丈夫さです。

芸術とも言いえる大工の伝統技。
釘を使わずに、ほぞをかみ合わせて作り上げた家は、構造材が見事に結合しています。
仕口、継ぎ手の技のすばらしさは、引き継がれていくべきものです。
また、一見するとどれも同じような建物に見えますが、
よく見ると屋根の形や間取りなどの造りが地域によって異なることがわかります。
それは、その地域の生活様式や産業、

気候の違いなどの地域性を反映しているからです。

その土地で生活していた人々がどのような生活を営んできたのか、
建物の姿形やそれを構成する一つ一つの細かな部分がそれを物語っています。

古民家再生

当社では、日本の伝統民家の魅力を再発見し、
古民家利用の研究や、古民家再生リフォーム工事を行っております。

現状の古民家を生かしたまま、
古き良き時代を感じさせる新しい民家を創ることができます。
これを『古民家再生』と言います。

この『古民家再生』は、近年非常にさかんになってきています。
古民家に使われてる古材は、200~300年経っていても
大抵のものは再生が可能といわれています。

長い年月の間に傷んだところを一本一本丁寧に補正し、
本来の性能を引き出してやることで、再びいのちを吹き返すのです。
「再生」というと、建てた当時の状態を取り戻すことだと思われがちですが、
実はそうではありません・・・

ここでいう『再生』とは、建材や枠組みを残してそれを生かしたまま、
現代のライフスタイルにあった民家にリフォームするということです。
日本民家が持つ歳月と、
囲炉裏でいぶしぬかれた古色の柱や梁組の持つデザインは本当に美しいものです。

また、自然素材をふんだんに使った空間には、独特な美しさや趣があり、
日々の生活にかけがえのない健康や安らぎを与えてくれます。
そうした古き良き時代の要素をしっかりと引き継いで、
新しい生活環境を提案していく、それが『古民家再生』です。

古民家を購入して頂いたお客様が住み続けて頂けるという事は、
日本の伝統民家を守っていく事につながり、
文化の継承発展という点から、おおいに役立ちたいと考えています。

資料請求フォームはこちら
http://www.kominka-tochigi.org/contact/index.html

2012年7月21日に開催致しました“復興支援講演会”。

お忙しい中沢山の方にお越しいただきました。

天栄村役場 吉成課長の話には心を打たれました。

しかし力強く、お話を聞いた私も勇気がわきました。

強さや絆が感じられるお話でした。

そして井上さんによる「住育」のお話。

住むこと、暮らすことの大切さが伝わりました。

講演会終了後には天栄米を皆様にプレゼントさせて頂きました。

愛情が、希望が、沢山つまっているお米です。

お越しいただいた皆様に「よかった」というお言葉を頂き、

開催して本当によかったと感じております。

少しでも多くの方の力になるよう、これからも頑張ります。

よろしくお願い致します。

古民家に住みたいと言われる人が

最近とても多くなってきました

雑誌やテレビでスローライフや田舎暮らしに

スポットライトが当たり現代の生活では得られない

癒しを求める人が多くなっているとだと思います

古民家はそのまま住める物件は多数ありますが

逆にリフォームしないと生活するには不便な物件もあります

しかし、そんな建物でもしっかりとした維持管理の計画を

立てリフォームをしないとリフォームした意味がなくなってしまします

また、信頼できる古民家に詳しい大工さんや古民家鑑定士に

建物の状態を確認して貰ってから物件を購入したり

リフォーム計画を考えた方がいいでしょう

古民家の購入からリフォームまでサポートしてくれる

信頼ある業者さんを探すことが、古民家に住む近道になります

〒325-0021    栃木県那須塩原市安藤町40-430  
一般社団法人 栃木県古民家再生協会  

古民家鑑定士インストラクター/古民家鑑定士

 伝統資財施工士/古材活用士/古材鑑定士  
代表理事 鈴木 健規   
TEL:0287(73)4004 / FAX:0287(60)7275

日本の住宅の平均耐久年数は

現在25年から35年程度と言われています

対して欧米ではアメリカで50年

ヨーロッパでは平均70年だそうです

日本の住宅はどうしてこんなに耐久年数が短くなったのでしょうか?

木造だから。法隆寺は築約1300年

ライフスタイルの変化で欧米化してきたから

昔の住宅では不便になってきたから

古民家や昔の住宅は在来工法と

呼ばれる柱と梁で組み立てられる軸組み工法

これは間取りの変更が自由に行いやすい

可変性の高い建て方なのです

また木材は他の建築素材に比べて加工性に優れ

再利用も行いやすい自然素材

温かみがあり癒しの効果も高く

日本人のDNAに深く刻まれている大好きな素材です

壊して建て替える時代は終わりました

地球環境のことを考えれば

これからは何世代にも渡ってリノベーションを

繰り返しながら長く住まうことがカッコいい時代です

不便なところは直しながら

でもしっかりとした耐久性のある骨組みは何回も使っていく

そんな住まい方が懐かしくて新しい、今のライフスタイルです

〒325-0021    栃木県那須塩原市安藤町40-430  
一般社団法人 栃木県古民家再生協会  
   

古民家鑑定士インストラクター/伝統資財施工士インストラクター
古民家鑑定士/
伝統資財施工士
古材活用士/古材鑑定士  
代表理事 鈴木 健規   
TEL:0287(73)4004 / FAX:0287(60)7275   

一般社団法人 栃木県古民家再生協会は

3Rの取組みに力を入れています

3Rに取り組む事が重要だと考えています
3Rとは、
Reduce  ・・・発生抑制(買う量や使う量を減らすこと)
Reuse   ・・・再使用 (使えるものは繰り返し使うこと)
Recycle  ・・・再利用 (再び資源として生かすこと)
の3つの頭文字に由来します。

2000年に制定された「循環型社会形成推進基本法」では、

この3Rの優先順位は
リデュース、リユース、リサイクルとしています。

私たちは、古材・古民家の「リユース」と、

出来るだけ民家を解体しない「リデュース」に積極的に取り組んでいます。

もし全ての新築住宅(年間50万棟として)で使用木材の15%が古材で賄われた場合、

1年間で121kgのCO2削減になります。

これは、ブナの木に換算しますとなんと500万本以上です。

地球環境・CO2削減・未来の子供達のためにも

「循環型建築社会の構築」勧めたいとおもいます。

〒325-0021    栃木県那須塩原市安藤町40-430  
一般社団法人 栃木県古民家再生協会  
  

古民家鑑定士インストラクター/伝統資財施工士インストラクター
古民家鑑定士/
伝統資財施工士
古材活用士/古材鑑定士  
代表理事 鈴木 健規   
TEL:0287(73)4004 / FAX:0287(60)7275  

古民家には、農村民家・町民民家・武家民家・庄屋屋敷など

いろいろなタイプがありますが、それぞれの生活習慣を感じられる

味わい深いいい住宅が全国でまだまだたくさん残っています。

長い歴史を経た古民家には太い梁や大黒柱などは

黒光りしていて重厚で風格ある古材が沢山残っており、

価値の高い文化財だと思います。

古民家の魅力のひとつに藁ぶきの屋根があります。

大きく張り出した軒の出は夏の日差しを遮り、

冬は建物の奥まで日の光を届ける大変合理的な日本の気候風土に合った

構造になっています。これらの沢山の昔の人の知恵の結晶が古民家なのです。
古民家に使われている古材には、ケヤキやサクラ、栗、ヒノキなど

実に多様な樹木が使われています。

地方によって使われる材が異なるのは全て地元で伐採された木材だからです。

囲炉裏の煙でじっくり燻された古材は表面にススがつき

大変味わい深い色になっていると共に防虫の効果があるともいわれています。

一般に、鉄やプラスチックなどの材料は

、新しい時が一番強く古くなるにつれて弱くなってしまいますが、

逆に木材は、時間とともにどんどん強度を増していきます。

樹齢100年のヒノキの場合、伐採されてから100年後に

最も引っ張り強度・圧縮強度が増しているとの研究報告があります。

木材の強度は200年~300年は変わらないといわれています。

木材の強度が落ちるのは800年~1200年ほどという途方もない未来の話なのです。

古民家は最近の住宅とは比較にならないぐらい良質な木材が

贅沢に使われた耐久年数の長い住宅なのです。

古民家を残す社会的意義

地球温暖化が世界規模の深刻問題となっている現在

家造りの観点からもCO2の削減を保すべく

2008年、年頭に国が、200年住宅ビジョンを

掲げ日本の住宅政策は大きく転換しました

「いいものをつくってきちんと手入れして長く大切に使う」

戦前の住宅造りに戻ったのです

建て替えの際のCO2を減らすこともでき

生活の中でCO2削減にもなります

地球温暖化防止にもつながる考え方です

確かに、世界の住まいの平均寿命からみると

日本の30年は、55年のアメリカ・77年のイギリスに

比べても極端に短命であると思われます

いくら日本が、他国と気候が違うとしても短いです

建て替える度に貴重な資源を消費し

大量の廃棄物を産み出します

古くなったら、捨てるのではなく

リユース(再利用)することが

未来の子どもたちのためになると思います

人口が減っていくなか、将来に建物(産業廃棄物)を

残すことは大人が止めなくてはいけないと思います

〒325-0021
栃木県那須塩原市安藤町40-430
一般社団法人栃木県古民家再生協会
古民家鑑定士/伝統資財施工士
代表理事 鈴木 健規
TEL : 0287(73)4004

一般社団法人栃木県古民家再生協会は「グリーン建築」を奨めています

グリーン建築とは、「循環型建築社会」のことです

その定義とは

 1、新しく建築をするにあたり、全てを捨てることなく活かせる資材(伝統資財)を活用する

 2、新しい建築をするにあたり、将来再利用できる資材を使用する。

 3、使える建物に関しては、出来る限り長期間使用できる提案を行う

長期間使用できる「自然乾燥された木材」を活用すること

「伝統資財」を活用することは

ほんとうの意味の長期優良だと思います

伝統資財を活用することで将来、住宅が産業廃棄物として

残るのではなく、リユース(再利用)されるものを

未来の子どもたちに残すことが

将来にわたり環境活動だと思います

この時代に、環境活動をすることはもちろんです

そして、未来を考えた環境活動がグリーン建築(循環型建築社会)です

未来の子どもたちに産業廃棄物(建物)を残すのではなく

グリーン建築(循環型建築)を残すことが、当協会の役目です

今後とも、グリーン建築(循環型建築社会)を

推進していきたいと思います

一般社団法人栃木県古民家再生協会

栃木県那須塩原市安藤町40-430

代表理事 鈴木 健規

TEL;0287-73-4004 FAX:0287-60-7275

栃木県での古民家への認識を高め、

ネットワークを創り上げるための活動を積極的に行っています。

栃木県の古民家を発掘・再生・再利用し、

CO2削減に取り組んでいきませんか。

当協会の趣旨・目的に賛同し活動に参加して頂ける方、

古民家にご興味をお持ちの方みなさまのご参加を心よりお待ちしています。

会員特典・会員条件

  • ・当協会の行う活動に参加できます。
  • ・各種イベントに参加できます。
  • ・当協会の運営するホームページに会社名やホームページアドレスを掲載できます。

年会費 正会員 24,000円 サポート会員 12,000円

※正会員は民家等に携わる為、「伝統資財施工士」または「古民家鑑定士」の

資格をお持ちの方、もしくは取得していただける方に限ります。

古民家鑑定士の業務内容

古民家鑑定士とは、古い民家の保存、

活用、再利用を目的に、建築的見地および環境保全の見地に立ち、

専門的な知識と技術を用い行える能力を有する

厚生労働省認可財団法人職業技能振興会に

備える古民家鑑定士名簿に登録を受けたものを言います。

  1. (1)古民家の調査・判定・提案を行います。

古民家を調査して、その状態を建築的見地並びに文化的見地から判断して、

「活用できるか」「再利用・再生・部材での再利用が可能か」を判定し

ユーザーに適切な提案を行います。

  1. (2)古民家の資源を有効活用するための

研究、新技術の開発、流通促進を行います。

古民家を再活用できる資源とし、それを有効活用するための

研究や、技術の発展、流通経路の整備育成などを行います。

  1. (3)古民家の社会的認知の促進に寄与します。

古民家の再活用のための企画や提案を通し

また流通促進を通し、社会における古民家リユース意識の向上を図ります。

古民家鑑定のご依頼は、 下記までお問い合わせください。

〒325-0021    栃木県那須塩原市安藤町40-430  
一般社団法人 栃木県古民家再生協会  

古民家鑑定士インストラクター/伝統資財施工士インストラクター
古民家鑑定士/
伝統資財施工士
古材活用士/古材鑑定士  
代表理事 鈴木 健規   
TEL:0287(73)4004 / FAX:0287(60)7275