ご挨拶

一般社団法人栃木県古民家再生協会から皆様へ

一般社団法人栃木県古民家再生協会
理事長  鈴木 健規

戦前の日本では、民家に使用される柱や梁などの構造材は再利用され、何世代にも渡って暮らしに役立ってきました。自然の中で育った木は、木材として建築に使用されても強度を増し続けます。樹齢100年の檜は、伐採後約100年後に最も強くなります。
ですから、戦前に建てられ、なお現存する古民家の構造は、多くの場合は「まだ生きている」状態であり、構造が痛んでいたとしても、使われている柱や梁は大変貴重な建築資材”古材(こざい)”として再利用されるべきものなのです。
しかし、このことは戦後の大量生産・大量消費・大量廃棄の社会の中で、過去に葬られてしまいました。100年もの時を経たヴィンテージとも言える黒光りする梁、柱、小屋組材は、殆ど再利用される事も無く、無造作に建設機械の爪痕だけを残して焼却炉に投げ込まれ、無機質に灰になるのみ…これが現状です。
いま、世界中が環境、地球温暖化防止を叫ぶこの時代に何とかしなければ、一般の消費者のこの消費志向を変える機会がなくなってしまいます。
再利用すべきものを捨て、国産材を使うことも捨て、山林を放置して安い外材や工業製品である集成材を使い続ける…このような事態を放っておいて、果たして我々は「持続可能な社会」を実現できるのでしょうか。
こうしている間にも山林や山間地域の荒廃は加速度的に進み、取り返しのつかない状況は目の前まで迫っています。既に山間地域の一部では、一部落に数名のお年寄りが寄り添って細々と暮らしている、この現実を痛ましく思います。

まだ、間に合います。
私たちは、今、立ち上がることを決意しました。
日本の伝統的な住文化を失わないために…
日本の山林や山里の環境を守るために…
よりよい地域づくりのために…

是非、一般社団法人 栃木県古民家再生協会へのご理解、お力添えをお願い申し上げます。